毒草一覧次の花
バイケイソウ


夏の山地や林の日当りのよい湿地に群生する緑白色の花。草丈は1mから1.5mほどで、夏に泡のような薄黄色の花を咲かせます。妊娠14日めにこの草を食べると一つ目の子が生まれると言われています。根は殺虫剤として使用されています。花が梅に似て、葉が尢磨iケイラン)に似ることから「梅尅吹vと名前が付きました。


毒草名  バイケイソウ(梅尅吹j、White False Hellebore(白ヘレボラス)、弓取草
学 名  Veratrum album subsp. oxysepalum
特 性  ユリ科 バイケイソウ属、多年草
花 期  6〜8月
仲 間  コバイケイソウ、オオバイケイソウ
毒部位  全草、根茎、根
成 分  ジェルビン(Jervine)、ベラトラミン(Veratramine)、プロトベラトリン(Protoveratorin)、サイクロパミン(Cyclopamin)
症 状  くしゃみ、眩暈、下痢、嘔吐、痙攣、血管拡張、脳障害




  



 





山菜のオオバギボウシに似るため、新芽の時期になると誤食による中毒事故が増えます。





≪MEMO≫
・ベラトルムアルカロイド:ヒトの致死量は約20mg。
・単眼症の原因成分を多く含むのは「Veratrum Californicum」で名前のとおりカリフォルニア産。
・黒ヘレボラス=クリロー
・葉柄はなく、葉脈は平行に走る。
・サイクロプス(Cyclops):ギリシャ神話に登場する単眼の巨人キュクロプス。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS